武蔵の三理想
  • 根津 公一
    根津 公一 / 学校法人根津育英会武蔵学園 理事長

    1922(大正11)年の旧制武蔵高等校発足以来、私達は三理想の一つに「世界に雄飛するにたえる人物」の育成を掲げてきました。90年前の時代に、海外に目を向けて、世界雄飛を教育の理想に掲げた学校は、とても珍しかったと思います。それ以来、どの時代にも武蔵は、地球を舞台に活躍する有為の人物を世に送り出してきました。グローバリゼーションの中で、日本の孤立が問われる今日ほど、武蔵の役割が求められている時はないと信じています。このプログラムが、この国の課題である「地球人」の育成に役立つことが出来ればと願っております。

  • 有馬 朗人
    有馬 朗人 / 学校法人根津育英会武蔵学園 学園長

    最近、「日本から世界に羽ばたく科学者が少なくなって来たのではないか」との危惧を抱いています。日本は、もっと貧しい時代にも、様々な科学の分野で優秀な科学者を世界に送り出してきました。その意味で、日本の次の世代を担う少年少女の皆さんには、志を高く持って大いに努力し、地球を舞台に、これからの人類の課題を解決するような人になってほしいと願っています。そのために、武蔵学園はこのプログラムを、広く一般の中学生、高校生諸君にも公開することにしました。志を同じくする諸君の参加を待っております。

  • 池田 康夫
    池田 康夫 / 学校法人根津育英会武蔵学園 副理事長

    現在我が国は未曾有の少子高齢化社会を迎え、また国際化の時代の中で国家のあり方が真剣に問われています。今後日本がどのような国をめざすのか、国際的に見て日本の存在をどのように高めていくのか。日本が海外から尊敬される国であり続けるために、今こそ武蔵を創立した根津嘉一郎の精神を想起する必要があります。国際人の育成が声高に叫ばれているこの時代に、中高生を対象に英語でサイエンスの議論ができる人材を育成するプログラム、REDが開始されようとしていることに、武蔵学園の新しい息吹を感じています。

  • ブルース・ストロナク
    ブルース・ストロナク / テンプル大学ジャパンキャンパス 学長

    The RED program will produce in its students all the abilities that are necessary for young people in Japan to successfully develop global careers in the sciences. It is a comprehensive study program that teaches English language and science but, more importantly, students will also learn how to communicate and interact confidently with their peers from around the world.

  • 植村 泰佳
    植村 泰佳 / 学校法人根津育英会武蔵学園 理事(REDプログラム担当理事)

    受験勉強をして日本の優秀な大学に進学したあと、海外に留学したら語学研修に一年間。それからやっと専門の科目を学ぶようになっても、現地の教員、学生と対等に討論で渡り合うことができず、教室の隅でノートをとるだけ。そんな話をよく聞きます。このプログラムは、参加者が、英語圏の大学に進んだ日から、自由に相手の話を聞き取り、自らの思うところを伝えられるようにすることを目指しています。そのためには、日本の中学校、高校で日常の英語教育を受けるだけでなく、同じ世代同士で活きた英語を使いお互いを高め合う場が必要と思い、「英語で科学を学ぶ」プログラムを企画しました。企画運営の責任者として、みなさんにとって、学ぶことが本当に楽しいと思えるようなプログラムにしていきたいと思っております。